違う業種の競争

市場環境に必ずどの業種でも一つの会社で運営するのではなく、たくさんの会社が存在していると思います。
業者同士の競争も激しいです。

市場を占有するために、各会社はたくさんの方法を試して、たくさんのアイディアを考えて、努力しています。
実は競争は業者同士の間のことだけではなく、違う業種でも競争する可能性があると思います。

例えば、不動産と自動車産業の間に、一見何の関係もないでしょう
一つは住む需要で、もう一つは出かける時の交通手段の需要です。

しかし、消費者の買う能力から考えれば、競争になるかもしれません。
お金持ちでなければ、家を買うなら、余裕なお金がなくなるために、車が買えないでしょう。
つまり、家を買うか、車を買うか、どちら一つしか変えない場合、競争になります。

異業種間での同じ市場でのビジネスは、一見、相当に厳しいようにも見えますが、逆に考えると相互作用ももたらします。
自宅購入と同時に新車に乗り換えるという動機付けもあり、自動車販売の営業は新築主をターゲットに成功した事例もあるようです。
ディーラーではなく中古車引取りと新車販売を行っている会社からのアプローチは、新築主にとって都合が良いわけです。

こうしたビジネスと消費者の思考をマッチングすることで、新たな顧客をターゲットに出来るのですね。
アイデアや観察力次第では、既存の市場でも新たな顧客を開拓出来るものです。

市場が縮小傾向のタバコ業界では、新たに電子タバコの市場拡大が期待されているところでしょう。
(新製品情報もスピード公開する電子タバコ通販)

食材のあれこれ
食肉卸業者の健全運営
徹底した品質管理体制がブランド肉の精肉加工に現れています。健全で清潔な仕事ぶり。
meat-kimura.co.jp/

«