オープンキャンパスの実行委員

この秋、来年の大学受験生を対象にオープンキャンパスの開催が決定しました。
これまでは地元の方も含めて、誰でも参加型のオープンキャンパスを開催していました。

しかし、昨年のアンケート結果を参考に、大学受験生だけのオープンキャンパスの実施が検討課題に挙げられ、多数決で決まりました。
我々も初めての試みに挑戦です。

主催側としては対象が絞られている方が、企画もスムーズで予算も組みやすく助かります。
実行委員会のメンバーの他に各ゼミのリーダーにも協力を募って内容を練っている段階です。

毎日話し合いは夜になる事もありますが、それはそれで交流も深まり、友人も増えました。
私はステージイベントの担当です。

卒業生に地元のライブハウスで活躍しているアーティストがいるので、出演交渉に明日行きます。
OKがもらえるよう頑張ります。
社会に出る上で、商談を体験できることは非常に有難いことですし、どうやってマッチングするかも頭を悩ませますね。

こうしたこと、営業職は毎日やっているのかと考えると、改めて大変だということが実感できます。
作戦を練ることは楽しいのですが、言いたいことを上手く伝えられるか、そしてスムーズに契約にこぎつけるか、確かにスリリングです。

ただ、あまり作り上げたストーリーを踏襲すると、本来の目的であるイベントの成功ということから、離れていくので注意しなくてはならないですね。

就活に励む
就業管理システムでルーチンワーク激減
ルーチンワークは機械に任せてクリエイティブな仕事の提案をしよう
biz-work.jp/
関連:www.gatlinburgchalets.net

«
»