空き巣に注意 防犯のこと

私は新興住宅地に住んでいます。
区画整理されているので見晴らしも良く、安全な街に見られがちですが、意外に不審者情報や空き巣が多いので驚きました。

お正月の事です。
メイン通りのお宅が空き巣に入られました。

その家には怖いくらいよく吠えるシャパード犬がいます。
かなり大きくて眼光するどい犬です。
事件当日、シェパード犬は外につながれていて、空き巣が勝手口に近寄った時まではかなり吠えたようです。

お隣の奥さんの証言です。
でも空き巣がいったん家の中に入ると、見えなくなるので安心して吠えなかったそうです。

犬に聞いたわけではないのですが、犬の特性としてこういうケースが多いらしいのです。
私もお正月は主人の実家に帰っていたので、空き巣事件で警察が来た事は知らないのですが、現場検証はTVドラマのようだったそうです。

そして、それ以来シェパード犬は室内で飼われています。
番犬になると言って、犬を買っているご家庭もありますが、訓練無には番犬としては成り立たないそうです。
人間の都合の良い解釈の通りに、ワンちゃんは動いてくれるものではありませんよね。

家族の一員を強調しすぎて、他人に迷惑が鈍感になっている一家もあるということですから、そこはしっかりと割り切ってペットとして扱わなければなりません。
かわいがるのは結構ですが。

しかし、無暗にワンちゃんの写真ばかり見せられるのは、ちょっと勘弁してほしいものです。

«
»