温泉浴衣

着物を着る機会は少ないが、浴衣は着ることがある、という人もいるだろう。
襦袢を重ねる着物と違って、素肌にさっと着られる浴衣は簡単に着ることができる。また、花火大会や夏祭りなど、着ていく機会も多い。

以前、浴衣を着てミュールを履いている女性を見たことがある。おそらく、浴衣はあったが、下駄がなかったため代用したのだろうが、何とも言えない気持ちになったことを覚えている。

現在の洋服は、足を長く見せ、グラマラスな体型が美しいとされている。
しかし浴衣を含む着物はその真逆が美しいとされている。

その着物にミュールを合わせるとバランスがとても悪くなる。
それに下駄を楽しむこともできなくなる。

最近は鼻緒の部分が華やかな下駄も多い。
せっかく浴衣を着ているのにもったいないではないか。

着物は抵抗があるという人も、夏は是非浴衣を着てほしい。
そして、日本人の良さを改めて感じてほしい。
その際、所作も忘れずに美しさを忘れずにいれば、誰でも簡単に浴衣美人になれるだろう。

ところがだ、浴衣は意外と暑い。
傍から見れば涼しげなのだが、洋服の用が実に風通しというか、肌の露出度を高くすることが出来るので、昨今の酷暑に浴衣は地獄である。

そんな環境をビジネスチャンスと捉えて、丈の短い浴衣が売れた。
これは確かにかわいいし、足元のまとわりつきもなく、解放的で涼しいだろう。
女子高校生は、こぞって買い求めたようだ。

世のお父さん、娘に一着いかがかな。

働くことはオフィスだけでなく電車の中も
従業員の就業管理の例
具体的な案件をシステム導入事例としてケース別に掲載中。イメージが浮かびます。
biz-work.jp/
関連:www.jianxunnet.com

«
»