最近流行りの主婦ならではの雑貨ショップ

ビジネスというと男性のイメージがありますが、最近は女性でも自分自身で仕事を発掘し、事業として展開させる人が増えました。
特にここ最近は手作りが得意な主婦が小さな雑貨店を開店したり、ワンデイショップで販売しているのをよく見かけます。

店舗用物件を賃貸してオープンさせる資金がない人がほどんどですので、築年数が古い安い木造アパートを自分で手作り風に改装してみたり、自宅でショップを開いたりと主婦ならではの柔軟性のある個性を生かした販売活動をしているようです。

自分ひとりで作品を作って細々と販売するのではなく、作家の作品を集めて陳列料を作家から徴収し、代理販売をするというのが今の流行です。

作家と呼ばれる人たちもまた主婦なのですが、センスも技術も市販品以上のものが多く、少々高額でも購入する人が後を絶ちません。
(安心設計のリーズナブルな国産の電子タバコ)

実は雑貨屋さんは、女性の視点を全面に押し出した方が、ビジネスとしても軌道に乗るのが早いですよね。
客層はほとんど女性ですから、男性では感覚がズレてしまうことでしょう。
オーナーは男性としても、運営の全権は女性店長に任せるぐらいでなければ、雑貨ショップは厳しいですね。

仕入れルートの開発や仕入れ値のネゴなどはオーナーの仕事になるでしょう。
海外物だと為替の影響もありますから、資金的な面での管理はオーナーですね。

«
»