メイクアップセミナーで学んだこと

メイクアップセミナーで学んだことですが、髪形は流行ではなく、顔の形に合わせた方がいいそうです。
具体的には面長の人はパーマを利用して耳か頬の横にボリュームを持ってくると、顔は長くても髪型を含めた全体のバランスが丸くなるので、結果的に長さをカバーすることができるそうです。

メイクにもコツがあり、丸顔の人の眉は短く、面長の人は眉を横長く書くといいようです。
一つ一つのパーツにこだわるのではなく、全体のバランスを見ながら仕上げていく先生を見て、メイクアップも芸術の一種なのだと感じました。

高い化粧品を使えば美しくなるというわけでもないようで、先生の道具を見せて頂くと、ドラッグストアで購入できるようなチープな化粧品もたくさんありました。
短いセミナーの中でもたくさんのコツを教えて頂いたので、地道に実践していくつもりです。

セミナーに参加した後のモチベーションの維持には、実践しかありません。
ほとんどの人は、満足感でいっぱいになった時から、時間とともに士気が低くなっていくものです。
そして次のセミナーでモチベーションを上げては、また萎んでいくことの繰り返しなんですよね。

まあ他人の事はいいとして、本当に何かを身に付けたいと思うのならば、やはり自己鍛錬と言いますか、積極的に関わっていくしかないのです。
関わっていく時間が長ければ長いほど、どんどんと身に付いていくものが増えますからね。

«
»