インタネット資源を選択して使う

インタネットの大量のメッセージやデータは私たちの生活に大きな便利を持ってくると同時に、ゴミデータと偽メッセージの存在もみんなに悩ませるのでしょう。

どんなものもメリットとデメリットがあります。
インタネットも例外ではありません。

インタネットに登載されたデータを使用する時に、批判的な見識を持って、選択して使ったほうがいいでしょう。
信用できる安全的なブラウザを利用して、ウイルスも防げます。

それから、登載されたのは役に立つデータであるかどうかは私たちの目で確認します。
例えば、論文を書く時に、ある事件について資料を引用する場合、単一論ではなく、いろいろな資料を調べた後、総合的に考えて引用したほうがいいでしょう。

さて、日々生成されるウェブページの行方を考えたことがあるでしょうか。
自由気ままにブログを書いている人も多いわけですが、ウェブページには少なくも容量があるわけですね。
インターネットで情報を発信するという裏には、生成される膨大なファイルを処理する工程があるわけです。

更にはファイルを保管保存するスペースも必要なわけです。
生成されるウェブページも有用なものばかりとは限りませんし、どちらかと言うと、人目に知られないウェブページの方が多いのかもしれません。

この膨大なウェブページを整理するということを使命にしている、米国の巨大IT企業ははっきり言って、スゴイを通り越していますね。

»