観光

現在の観光が進む原因と言えば、五つの面があると思います。
まず、労働時間の減少や休日増加によって、余暇活動やレジャーなど趣味が持つ人がますます多くなりました。

次は、国民価値観が多様化になりました。
近年高齢者層の自動車観光活動が多くなって、旅行の形態も多種多様になりました。

また、少子高齢化の進展です。
国民の高齢者数が激増とともって、観光市場も高齢者向けの観光線路やバリアフリーなど、高齢者に優しい観光地づくりもはじめています。

さらに、高度情報化社会の到来に伴う情報ネットワークの形成により、観光情報システムが進展しています。
最後に、交通や情報の発展によって、世界中には国と国、地域と地域の距離が短くなって、国際化の動向がハッキリとみて取れます。

国際化の進展も観光の発展を影響しました。
外貨を国内に落とすことで、国内の資金の還流も活発化します。
当然、空港や港の付近の観光地では、様々な外国語での案内表示が施されているのは、少しでも安心を提供したいからですね。

ちょっとの気配りでリピーターとなってもらえば、それだけで日本への海外旅行の機会も増えますし、クチコミが大きく影響することでしょう。
日本人は親切だ、というイメージにも繋がります。

富士山もちょっとした観光名所となっているようですが、相変わらずゴミの問題が解決されていません。
日本人の思うマナーと外国人のそれとは、ちょっとした相違もありますから、こうしたギャップを埋めるには、時間がかかるのかもしれないですね。

«
»