高校野球観戦

高校野球の夏の大会が始まると、夏が来たなと実感しますね。
毎年甲子園で繰り広げられるプレーは、プロ野球とは違った感動があるので、野球があまりよくわからないなりについつい見てしまいます。

実は昔、甲子園球場ができる前はこの夏の大会は豊中や鳴尾で開催されていたのだそうです。
ところが鳴尾での試合の時に観客がグラウンドになだれこむという事件があり、阪神電鉄が高校野球のために新しく作ったのが甲子園球場というわけです。

そういう理由で作られた球場なので、今でも高校野球のシーズンは地元のプロの球団の試合よりも、高校生たちの試合が優先されています。

私は関西に行ったことが無いので分からないのですが、その間地元の球団はどこで試合をしているのでしょうか。
甲子園を本拠地としている阪神タイガースは、ずっと他球団の本拠地をビジターとして回っているようですね。
ここでの成績が大きく左右されるとのことで、結構、大変なんですね。

最近の日本は、夏の酷暑で熱中症患者が毎年増加傾向のようです。
更には、水難事故も多発しており、もう真夏の外出は、他の季節以上にリスクを伴うことを認識しなければならないでしょう。
(事故防止に徹底検査するさくら車検)

野外イベントも、相変わらず日本全国で開催されていますが、そこまで暑い中、楽しみたいのはどういう気持ちからなのでしょうか。
ちょっと理解に苦しみますね。

緊急連絡先が書かれたメモを忍ばせておきましょう。

»