日中携帯マナーの違い

日本では、電車やバスなどに乗る時、「携帯電話をマナーモードに設置してください。また、優先席付近、電源を切ってください」という言葉をよく耳にします。
それでも言う事を聞かない人は数多くいますが。

確かに交通機関内で携帯電話が鳴る人は、かなり少なくなってきました。
電話がかかってきても、「すみません。今電車中で、後で折り返します」と小さい声で電話に出る人がいます。
それは公共マナーという社会的な態度への配慮と、自分のプライベートへの配慮から、そうなっているのでしょう。

中国では、そういう携帯のマナーがありません。
バスの中、大声で電話に出る人がよく見えます。

自分のことから、他人と関係ないという考えでしょう。
また、携帯が普及するのはまだ近年のことですが、10年ぐらい前に、携帯を持っている人がわりと少なかったので、携帯を持つこと自体、自慢できることになります。

時間が立てば、やがて公共マナーについての是非が問われることになるのが、先進国というものです。
こうして社会性ある態度とは、どういうことかが磨かれていくわけですね。

今は、スマートフォンが活況ですから、通話よりもデータ通信が主になってきていると思います。
黙々とスマートフォンに向かっている人をたくさん見ると、異様な光景ではありますが、それぞれが大人しくしているので、これはこれでよろしいのかなと思いますね。

スマホはプライベートの充実かビジネスの充実か?
エクセルシフト表取込機能付き就業管理
エクセルのシフト表を取込んで勤務実績一覧に表示できる就業管理システム
biz-work.jp/
関連:www.inmoboulevard.com

«
»