バレエ教室をオープン

この度、バレエ教室をオープンさせることになりました。
私がバレエを始めたきっかけは、母が憧れのバレエを子どもにさせたくて3歳のときにバレエ教室に通い始めました。

それから25年間ずっとバレエ一筋です。
初舞台は3歳のときですが、舞台にあがっただけで、ちゃんとした役がついたのは中学生の時です。
高校生になってモスクワのバレエ学校に留学するチャンスをつかみ、それから本格的にバレエに打ち込みました。

帰国後すぐにバレエ教室で指導にあたり、小学生のクラスを担当していました。
そして今回、ご縁があって先生からの後押しで独立することになりました。
悩んだ時期もありましたが、バレエをやっていて良かったです。

小学校の時に一緒にバレエ柄教室に通っていた友人もバレエ劇団に入り、今も良き相談相手です。
これからはバレエの良さを広めていける教室づくりをしていきたいです。

バレエのお蔭で、大きな病気も無く、仮にカゼをひいても比較的市販薬で軽快していっているので、体力はまだまだ万全です。
信じられないかもしれませんが、花粉症が改善されたという生徒さんもいるのです。
私自身が全く信じられなかったのですが、大変感謝されたのをきっかけに、健康への配慮も教室で指導することにしています。

健康でなければバレエが出来ない、という理論だと、生徒さんも保護者も納得してくれるのです。
健康重視のシニアクラスもコースを設定するつもりです。

«
»